Copyright © 2019 Prezziescope Inc. All Rights Reserved.

ロボットプログラミング教室

ブロックと、制御するための基盤やセンサー。そしてプログラム用アプリを搭載したパソコン。

この3点を使って、ロボットプログラミングができるようになります。

プログラミングには、

マサチューセッツ工科大学の開発した子どものためのプログラミング言語「SCRATCH」を使います。

初歩では、揺れを感知する「地震検知器」からはじめ、「衝突回避自動車」「アーム制御ロボット」へレベルアップしていき、

上級編では転んでも立ち上がれる

2足歩行ロボットのプログラミングに挑戦します。

将来の役に立つように、コンピュータの基本に早くから接しておきたい、という期待にも応えられるコースです。

(新教育体系にマッチしたカリキュラム「コンピュータ科学教育」をベースにしています)

 

そしてなにより、

「勉強って役に立つの?」という

子どもが必ずといっていいほどぶつかる疑問を、

ロボットづくりを通して解決できます。

算数の公式や理科の知識がどのように

「ものづくり」

に関わっていくのかを子ども自身が体感することで、

知識学習へのモチベーションも高めます。

 

ITの知識だけではなく、

実際のIT業界実務を長く経験している講師が授業を担当します。