自分に合った時間の使い方

勉強については色々な取り組み方がありますが、当然自分に合う方法とそうでないものがあり、10人いれば10通りの勉強法があっていいものです。まずは自分に合ったやり方を知ることが大切です。今回は「時間の使い方」について考えてみましょう。

◆長時間派? メリハリ派?

長時間連続で勉強するのが得意な人もいれば、反対に長時間机に向かうのが苦手な人もいます。集中力が切れているのにだらだらと参考書をめくっているだけで勉強したつもりになっている人もいるのではないでしょうか?そのような人は、無理に長時間勉強しようとせず、休憩を入れて短時間に集中するようにしましょう。1時間勉強したら10分休憩というように、うまく気分転換を挟むことで集中力をキープすることができます。

◆スキマ時間を有効活用

外出時には、少しの空き時間を有効に使って単語を暗記するのがおすすめです。電車の待ち時間、人との待ち合わせ時間、食事が運ばれてくるまでの時間など、そんなスキマの時間に暗記ものに取り組んでみましょう。そして、その日見た内容は必ず寝る前に復習をして頭の中に定着させるようにします。1日にたった3〜4語だったとしても1ヶ月経てば100語程度に。「ちりも積もれば山となる」です。

「自宅では短時間に集中する+外出時はスキマ時間を活用する」というスタイルで時間を確保していくのも一つの勉強法です。ぜひ色々な方法で取り組んでみましょう。

#学習方法

Featured Posts