記憶のコツはイラスト化

September 14, 2015

 

記憶したいのになかなか頭に入ってこない内容があれば、イラスト化して視覚的に記憶する方法がおすすめです。ただ羅列(られつ)されている文字を覚えるよりも、イラストの方が記憶に残りやすいものです。

◆自分でイラストを描いてみる

参考書などに載っているすでに出来上がったイラストや図を見るのも有効ですが、自分の手で実際にイラストを描くとより効果的です。自分で描いたという「経験」が記憶の要素に加わり強く印象に残るので、テストなどのときに思い浮かびやすくなります。その上、勉強の合間にイラストを描くのは気分転換にもなるので、楽しく覚えることができます。

◆歴史や理科系の教科なら

歴史であれば、大きめの紙にまず地図を描いて、それぞれの国の場所に同じ時期に起きたことを書き込んだり、理科ならばその単元のメインのイラストを描いて、それに関係するいろいろな情報を書き込んでいきます。イラストのイメージが頭の中に残っているので、そのイラストに関連した記憶が引き出しやすくなります。

◆イラストにできない教科なら

覚えられない内容が、難しい漢字や覚えにくい単語など、イラストにできないものの場合は、紙に筆ペンなどでその文字を大きく書いてみましょう。迫力ある字で大きく書くのがコツです。さらに、それを壁に貼っておくと、ビジュアルのインパクトのおかげで自然と覚えることができます。

Please reload

Featured Posts

2015年度高校受験情報

December 22, 2015

1/3
Please reload

Recent Posts

September 30, 2015

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square

Copyright © 2019 Prezziescope Inc. All Rights Reserved.